AboutMIZUNO OUTLINE

会社概要

Company Profile
会社名 美津濃株式会社
本 社
  • 大阪本社
    大阪府大阪市住之江区南港北1丁目12番35号
  • 東京本社
    東京都千代田区神田小川町3丁目22番地
社 長 水野 明人
従業員数 (連結) 5,124名 (2018年3月31日現在)
創 業 1906年 4月1日
資本金 261億3,700万円 (2018年3月31日現在)

きっと“目からウロコ”!
ミズノの事業って?

“スポーツ”というカテゴリーから派生するさまざまな事業を展開しているミズノ。業界のなかでも“総合スポーツメーカー”というポジションを確立しており、ビジネスのフィールドは拡大中です。そんな私たちの事業をここで紹介します。

足元から、スポーツのスタンダードをつくる。

フットウエア事業

マラソンや野球、サッカーなどスポーツ全般で使われるシューズを開発・販売しています。そのなかにはミズノがつくった現代のスタンダードも多数。たとえば野球のスパイクは、現在、9本の刃がベストだと認識されていますが、その常識をつくりだしたのも私たち。売上の面でも全体の30%以上を占めており、ミズノの根幹事業であるといえます。

スポーツウエアも、カジュアルウエアも。

アパレル事業

“スポーツ=ミズノ”というイメージを抱く人は多いと思います。しかし、アパレル製品も、私たちミズノの主力分野です。全売上の30%近くを占めており、スポーツにカジュアルのトレンドを融合させた製品を支持するお客さま、消費者は国内外にたくさんいます。日々の生活でも利用できる靴やウエアなどもラインアップのひとつに。スポーツの枠を超えた事業を展開する私たちだからこそです。

アマチュアから、百戦錬磨のプロまで。

イクイップメント事業

野球のグローブやバット、ゴルフクラブ、テニスラケットなど、多岐にわたるスポーツ用品の開発・製造を網羅しています。初心者向けからプロ仕様のオーダーメイド品まで種類もさまざま。スポーツの世界で“匠”と称される職人も多数。“ええもん”を進化させつづけるモノづくりを展開しています。私たちのスポーツ用品は世界中で愛用されており、“MIZUNO”の名前は各国に浸透しています。

海外にも、もしかしたらあなたの街にも。

スポーツ施設事業

自治体にかわってスポーツ施設を運営する事業。大阪マラソンをはじめとした各種イベントのスポンサー事業。ご高齢の方やお子さま向けのスポーツプログラムの開発…。スポーツ用品の枠にとらわれないビジネスを展開しているのもミズノの大きな特徴です。私たちのスポーツプログラムが海外の初等教育で導入されるなど、こちらも事業のフィールドは国内外に広がっています。

ミズノは、米州・欧州・アジアなど
世界各国で事業を展開しています。