Q&A(シューズ)

してはいけない行為

踵を踏まないようにしてください。

踵部には"踵の固定と保護"の為に、硬いカウンターというパーツが内蔵されています。踵を踏むとカウンターが変形し、踵内部が破れたり、足を切ったり、マメができたりします。紐式のシューズは面倒でも、靴紐を緩めて履いたり脱いだりしてください。

踵の上に足を乗せてちょっと歩く事をよく目にします。無意識でする事が多いと思いますが、まずは踵を踏まない事の意識付けが重要です。

スポーツシューズは目的外の使用はしないでください。

スポーツシューズは使用目的に合わせた設計(専用の動きに合わせた構造)になっています。
目的外での使用はシューズを痛めるだけでなく、怪我につながることがあります。

例えば

  • ●ランニングシューズでゴルフの練習をすれば、底が剥がれることがあります。

  • ●スパイクシューズをグランド外で履くと滑って怪我をすることが考えられます。

  • ●室外用シューズで室内スポーツをすると底剥がれすることがあります。

靴紐はキチンと締めて履かないとシューズを痛めることがあります。

全てのハトメ穴に紐を通してください。踵が動いてシューズの踵の内側を擦り切ってしまう事があります。

紐が緩すぎると同様に踵が動いてシューズを痛めるだけでなく、全力を出し切れない事になります。また紐を解かずにシューズを踵に引っ掛けて強引に脱ぐと、底剥がれやシューズが破損する事があります。

シューズを強制乾燥させると、縮んだり、型崩れしたりして使用できなくなる事があります。

シューズが濡れた後に、直射日光やドライヤー、ストーブなどで強制乾燥させると、縮んだり型崩れする事があります。

濡れた時は、乾いた布などで水分をふきとり、吸水性のよい紙をつめて形を整え、風通しのよいところで、陰干ししてください。

保管はなるべく風通しのよい日陰で保管しましょう!
シューズ内部にシューキーパーや新聞紙等の丸めたものを入れて保管すると型崩れを防ぐことが出来ます。

車の中など高温になる場所での保管は避けましょう!
底剥がれ、変形することがあります。バックの中などで押さえて保管すれば、シューズが変形することがあります。