ツインボール(取扱説明書)

ツインボールを正しくお使いいただくため、ご使用前には必ずこの説明書をお読みになって下さい。
ツインボールは投球動作時の腕、肩、ひじの使い方の基本を習得するためのものです。

してはいけない禁止行為してはいけない禁止行為を示してます

守っていただくべき義務行為守っていただくべき義務行為を示しています

※記載事項をお守りいただかないと、軽傷を負うか、器具の破損の危険性があります。

ご使用上の注意

本製品は野球、ソフトボールの投球練習用のトレーニング品です。
本来の目的以外に使用しないでください。

ボールとボールのつなぎのチューブを無理に引っ張らないでください。

練習中は回りに十分に注意しておこなってください。

本品の上に乗ったり、重い物を置いたりしないでください。

トレーニング方法に従っておこなってください。

保管上の注意

屋外や、高温になる場所、湿度の高い場所での保管はお避けください。

汚れた場合は乾いた布で軽く拭き取ってください。

使用方法

(1) ツインボールの握り方

写真のようにボールの上から握ってください。

(2) トレーニング方法

第1段階トレーニング

「リストの使い方をイメージする」

※下記の動作をはじめはボールを投げずに軌道を意識しながら、シャドーのみおこないます。

  • ・図のように正面を向いて。ひじを上げ、リストとひじを使って、中から外へぶら下がるボールが弧を描いて回るように投球動作のみおこないます。
    (ゆっくりとした速さでぶら下がるボールの軌跡を意識しながらおこないます)
  • ・次に正面を向いた状態で実際に投げてみます。

第2段階トレーニング

「投げる方向に対して身体を横向きにしてシャドー練習」

※下記の動作は、ボールを投げずに軌道を意識しながら、シャドーのみおこないます。

・投球方向に対して、身体を横向きにしてぶら下がるボールの位置を意識しながら投球動作をおこないます。

(1)投球方向に対して、身体を横にしてぶら下げる。

(2)ぶら下がるボールが内側(腕と頭の間)にくるように投球動作に入ります。

(3)ぶら下がるボールが必ず腕と頭の間を通るように肩・ひじを使います。

(4)上半身を正対させ、リリース直前に手首を返して投球します。

悪い例:ぶら下がるボールが外側

投球動作に入る時点から手の平側が上を向く。

ぶら下がるボールが外側にある状態のまま
(手の平側が上を向いたまま)リリースしてしまう。

※シャドーで慣れてきたら、実際にボールを投げてみます。ただし、ゆっくりとした動作でおこなってください。