バッグ(取扱説明書)

バッグを正しくお使いいただくため、ご使用前には必ずこの説明書をお読みになって下さい。

してはいけない禁止行為してはいけない禁止行為を示してます

守っていただくべき義務行為守っていただくべき義務行為を示しています

ご使用上の注意

合成皮革(P.V.C、P.U)素材のバッグは、濡れたままや濡れた物を収納したまま長時間使用しないで下さい。
生地の特性上、品質、性能が低下し破損の原因になります。
特にご注意下さい。又、衣服や収納物にバッグの色移りが発生する場合があります。

本体生地、テーブなどの染色堅牢度(色落ち)については十分に注意はしておりますが、水・汗、摩擦などの諸条件により多少の色落ちは避けられません。
(皮革、綿布の場合現在の染色技術では色落ちは避けられません。特にご注意下さい)
蛍光生地(白色含む)、蛍光プリントを使用している場合、特殊蛍光塗料を使用しているため長時間光に当たると変色、退色することかあります。

ファスナー部分に砂か付着したままや濡れた状態で使用されますと破損の原因になります。

バッグの収納物が重い場合は、背負いベルト・ショルダー・持ち手など、荷重のかかる部分を片方だけ強引に持ち上げたり、引っ張ったりすると破損の原因になります。

たき火、ストーブなどの近くや高温となる車のトランクに放置されますと品質・性能が低下する場合があります。

塩化ビニル素材のバッグは、不要になり廃棄される際には、お住まいの自治体の定める方法に従って廃棄してください。

お手入れの注意

バッグは洗濯機にかけたり、水洗いしたりしないで下さい。
生地が傷んだりコーティングなどがはがれたりする原因となります。

汚れた時は、軽くプラシでこすって落として下さい。

ご使用頻度により、ナイロン生地などの撥水効果が低下することがあります。
低下したと思われた時は撥水剤をスプレーして下さい。

合成皮革(P.U、P.V.C)、合成繊維(ナイロン、ポリエステル)素材の汚れは、水か薄めた中性洗剤を含む絞った布で拭き取るか、消しゴムタイプのクリーナーをご利用下さい。

保管上の注意

使用しない時は、陰干ししてから通気性の良い場所に保管して下さい。

合成皮革(P.U、P.V.C)合成繊維(ナイロン、ポリエステル)を使用している場合、高温、高湿状態及び直射光線・ライトの下で長時間使用又は放置されますと黄変することがありますのでご注意下さい。

合成皮革(P.V.C、P.U)は、他の素材に色移行しやすいのでビニール袋、革製品等と密着させたまま、保管しないようにして下さい。

合成皮革(P.U)の表面のウレタン樹脂は、水分により時間と共に劣化してきます。
ご使用状況や保管状態により耐用年数が異なりますが、特に高温、多湿での保管はおさけ下さい。

バックルの使用上の注意

バックル(1)(2)共に下図の様にテーブ類を通してご使用ください。
違う通し方をされますとテープがはずれたり、ゆるんだりします。

バックルは、プラスチック等で製造されていますのでご使用時に、割れ、破損がないか点検をしてください。
バックルが割れ、破損したまま使用されますと事故につながる場合があります。

バックルの使用方法

  • ・テープを  → B 方向にバックルと平行に引張ることで締まります。
  • ・バックル A の部分を矢印方向に押し上げるとテープはゆるみます。
  • ・バックル (1) でテープ a を a' の様に通すことでテープのゆるみを防ぐことか可能です。