企画趣旨(シンポジウムパンフレットより)

Mizuno Opinions Concertは、シンポジウムのテーマとして「全人間への旅―スポーツ」を掲げています。

「全人間」とは"知・情・意"を完全に調和させ、人間として最も昇華した状態を哲学的に表現したものです。この世に生を受けた人間が、その命ある限り、全人間を目指して旅をする道程に、スポーツがどのような関わりをもってその役割を果たすのか、またそのためにどのように発展すべきかを究明しようという観点から、このテーマが設定されました。

今回は、このテーマをより深く、幅広く追求したいと考え、講演をはじめ、ディベート・対談・音楽・映画などをまじえたプログラム構成となっています。第1回M.O.C.をシンフォニーとすれば、今回はオペラタッチの格調高いものの中にも、よりエンターテインメント性を高めるようにと企画しました。

プログラム

1986年4月4日(金)

10:00~10:20

開会の辞
水野 健次郎
(財団法人水野スポーツ振興会、財団法人水野国際スポーツ交流財団 会長)

オリエンテーション
総合司会:北出 清五郎(NHK部外委員アナウンサー)

北出 清五郎

10:20~12:00

基調講演 「文化としてのスポーツ」
加藤 周一(評論家、作家、医学博士)

加藤 周一

12:00~13:00 昼食・休憩
13:00~14:40

東西学生ディベートコンテスト(決勝戦)

「海外からの選手の補強は、
日本のアマチュアスポーツの発展にとって是か非か」
明治大学雄弁部 VS 同志社大学ESS

東西学生ディベートコンテスト

審査委員長:國弘 正雄(東京国際大学教授、文化人類学者)
議長兼審査委員:松本 茂(国際武道大学専任講師)
審査委員:湯川 泰秀(大阪大学名誉教授)
審査委員:一原 雅之(スポーツグラフィック「Number」編集長)
審査委員:今井 通子(医師、登山家)
審査委員:水野 正人(美津濃株式会社副社長)

審査委員

14:40~14:55 休憩
14:55~15:55

同世代の語らい「より強く、より美しく・・・」

山下 泰裕(東海大学体育学部助教授) VS 如月 小春(劇作家・NOISE代表)

山下泰裕 如月小春

15:55~16:05

ディベート審査結果発表・表彰式
審査委員長:國弘 正雄(東京国際大学教授、文化人類学者)

1986年4月5日(土)

10:00~12:00

ドレミファ・トーク「スポーツ讃歌」

阿久 悠(作詞家、作家)
宮川 泰(作曲家)
山崎 浩子(新体操インストラクター)
司会:みのもんた(テレビキャスター)

ドレミファ・トーク

12:00~13:00 昼食・休憩
13:00~16:00

映像と共に語る「スポーツの贈り物」

ビリー・ミルズ(東京オリンピック1万メートル金メダリスト)
アイラ・イングランダー(映画プロデューサー)
山際 淳司(作家)

映像と共に語る

16:00~16:15

まとめ
総合司会:北出 清五郎(NHK部外委員アナウンサー)

閉会の辞
水野 正人
(財団法人 水野スポーツ振興会 評議員、財団法人 水野国際スポーツ交流財団 理事)