主催/財団法人 水野スポーツ振興会、財団法人 水野国際スポーツ交流財団
後援/文部省・外務省・美津濃株式会社

企画趣旨(シンポジウムパンフレットより)

東京オリンピックを契機として我国ではスポーツの一般化、大衆化が急激にすすんできました。その理由として、余暇時間の増加、健康づくり意識のひろがりなどがあげられていますが、もっと根本的にはスポーツの本質が人々をひきつけたからではないでしょうか。

つまり「ルールのもとでフェアに、思いきり汗を流し、終わればみな友達になれる」ことがスポーツの本質です。単に体力や技能だけではない、全人間性の発揮の場であるからこそ、スポーツは人々をひきつけたのだと考えます。

しかし、スポーツが一般的なものになるという流れの中で、スポーツをする人々の意識、さまざまなスポーツ環境、あるいはスポーツそのものがかわってきています。一部では「スポーツ文化の時代」が到来したとも言われていますが、文化のひとつの分野として、スポーツが花を開くまでにはまだまだ解決すべき事柄も多くあるようです。

そこで、この機会にアマチュアスポーツの振興をめざして設立された両財団が、文化としてのスポーツを考え、語り、将来の展望を打ち出そうと企画したのがこのシンポジウムです。人間とスポーツのより根源的なかかわりを探る試みにしたいと考えております。

プログラム

1982年4月2日(金)

10:00~10:05 開会のことば
水野 健次郎
(財団法人 水野スポーツ振興会、財団法人 水野国際スポーツ交流財団 会長)
10:05~10:15 お知らせ
10:15~11:30 桑原武夫 基調講演 「現代社会におけるスポーツ」
桑原 武夫(京都大学名誉教授)
11:30~13:00 昼食・休憩
13:00~14:30

ディベート決勝戦

「スポーツは勝つことを目的とすべし・・・・・・是か非か」
中央大学VS東京大学

永井道雄 松本道弘 審査委員長:
永井 道雄(国連大学学長特別顧問)
議長:松本 道弘
(産業能率大学助教授、ディベート研究室室長)


ディベート予選参加校・・・慶応義塾大学・中央大学・東京大学・日本大学・法政大学・明治大学・立教大学・早稲田大学

14:30~14:50 休憩
14:50~16:40

映像とともに語る「スポーツの美と感動」

市川 崑(映画監督) VS 篠田 正浩(映画監督)
司会:谷川 俊太郎(詩人)

市川崑 篠田正浩 谷川俊太郎
16:40~17:00 ディベート審査結果発表・表彰式
審査委員長:永井 道雄(国連大学学長特別顧問)

1982年4月3日(土)

10:00~11:30

特別講演「MY WORLD OF SPORT」

エドワード・ヒース 元英国首相
エドワード・ヒース
(EDWARD HEATH)

11:30~12:45 昼食・休憩
12:45~15:40

パネルディスカッション「だから、スポーツが好き」

パネリスト:
岡崎 満善(スポーツグラフィックNumber編集長)
田部井 淳子(主婦・登山家)
野坂 昭如(作家)
福岡 孝純(福岡スポーツ研究所所長)
三ツ谷 洋子(スポーツジャーナリスト)
ディベート優勝チーム代表
司会:萩元 晴彦(テレビマンユニオン・プロデューサー)

パネリスト
15:40~15:55

まとめ

北出 清五郎(NHKアナウンス室顧問)

北出 清五郎
15:55~16:00 閉会のことば