Q&A(シューズ)

シューズのお手入れ方法

シューズの素材、シューズの状態によって、お手入れ方法が違ってきます。
素材、状態にあったお手入れ方法をしてください。

天然皮革(表革)の場合※起毛革は除く

ブラシで汚れを落としたあと、乾いた布にクリーナーをつけて、きれいにふき取ります。
つや出しのために皮革用つやだしクリームを塗り、乾いた布で仕上げ磨きをします。
水洗いすると皮革の縮みや硬化がおきます。絶対に水洗いしないでください。

スエードなどの起毛革(天然皮革・人工皮革)の場合

スエード専用ブラシで、表面を逆立てるようにしながら、汚れを取り除きます。
落ちにくい汚れは、スエード専用のクリーナーで丁寧に取り除きます。
水洗いすると、皮革の縮みや硬化、色落ち、風合いが損なわれる可能性があります。

人工皮革、合成皮革の場合※起毛革は除く

柔らかいブラシか、濡れた布で汚れを落とします。

合成繊維、天然繊維の場合

水をつけたブラシで汚れを落としたあと、吸水性のよい紙をつめて形を整え、風通しのよい日かげで乾燥させます。

水洗いの場合※天然皮革、起毛革は除く

繊維類、人工皮革、合成皮革は水洗いできますが、次の点に気をつけてください。

  • (1)ドロ汚れをよく落とし、水またはぬるま湯でよく濡らしてから、甲被材をいためない程度にブラシで洗います。洗剤を使用する場合は、長時間原液をかけたまま放置しないでください。色ムラになる場合があります。

  • (2)十分にすすぎをして、洗剤を落としてください。すすぎが不十分だと乾燥後に汚れが浮き出てくることがあります。

  • (3)乾燥は形を整えて風通しの良い所で陰干ししてください。

  • (4)乾燥が不十分なままご使用されるとカビが発生することがあります。カビは完全に取れないため、特に乾燥しにくい冬季はご注意ねがいます。

雨に濡れた場合

乾いた布などで水分をふき取り、吸水性のよい紙をつめて形を整え、風通しのよいところで、陰干ししてください。

汗や湿気でむれた場合

風通しのよい場所で、陰干ししてください。ご使用の前後に消臭、防カビ液をスプレーしますと、不快臭やカビの発生を抑えられます。