Q&A(シューズ)

サイズ選びの注意

まずは自分の足を知る事が大切。必ず試履きして購入しましょう!

いまだに「自分の靴サイズは○○.○cmだ」と信じ込んでいる方がおられます。左右で大きさが違うのが普通ですし、体が太ったり痩せたりするように足も同じように変わります。また一般的に朝より夕方の方が5mmほど大きいとよく言われます。

シューズの足入れは同じサイズ表示でも、メーカー間で違い、同じメーカーでも種目、用途などで違います。また同じ木型で作られたシューズでも材料、デザインなどで微妙に変わってきます。

シューズはデザイン、価格、サイズ表示だけで判断せず、必ず試履きをして自分に合ったものを慎重に探すことが重要です!スポーツにおけるシューズの役割は大きく、全力を出し切れるシューズを選びましょう!また足に合わないシューズは外反母趾など、足の障害につながる可能性があるので注意が必要です。

試履きのポイント

(1)足の大きさをメジャーや測定機器で測ってもらえるお店もあります。
まずは自分の足の大きさ、特徴を知る事が先決です。その上でお店のシューフィッターや専門員に相談しながら、色々履き比べて決めるのが良いでしょう。

(2)朝より夕方の方が足が大きいのが一般的です、夕方試履き確認する方がよいでしょう。

(3)実際に使用するソックスで試履きするようにしましょう。

(4)必ず両足で、紐は全ての穴に通してしっかり締め、しばらく店内で歩いてみましょう。

(5)大きさのポイントは、踵をまず固定してつま先は指が自由に動く程度が一般的ですが、最終的にはスポーツの種目や好みに合わせて選んでください。履き口周り、屈曲部(親指の付け根)などが当たらないかもよく確認しましょう。

通販での購入ポイント

試履きをしたくても店に在庫が無い、時間が無いなどの場合は通販は便利です。
しかし足に合わない、写真と感じが違うなどの予期せぬトラブルが潜んでいます。
返品もできなく、「捨てるしかしょうがない」という事にならない為に。

(1)返品ができるのか?サイズ交換ができるのか?事前に確認しておきましょう。

(2)手元に届いたら直ぐに使用せず、家で試履きをしてください。
返品する時はシューズだけでなく、下げ札、包装材などすべて元通りにできないと返品、交換が出来ない事があります。