ゴルフクラブ(取扱説明書)

ゴルフを安全に楽しむために、ゴルフクラブの使い方、手入れ方法や保管方法など、内容を正しく理解してください。下記の「警告」や「注意」事項を必ず守っていただき、安全で快適なゴルフライフをお楽しみください。

してはいけない禁止行為してはいけない禁止行為を示してます

守っていただくべき義務行為守っていただくべき義務行為を示しています

警告

守っていただくべき義務行為各部に異常がないか必ず確認

クラブを使用する前には、シャフト、ヘッドのヒビ割れ、シャフト接着のゆるみ、ビスの浮き、グリップのゆるみなど、各部に異常がないことを必ず確認してください。けがの原因となることがあります。

守っていただくべき義務行為自分にマッチしたクラブの使用

力が強く、体力のある方がシニア向け、レディース用やジュニア用のクラブを使用すると、破損し、けがの原因になることがあります。自分の体力や技量にマッチしたクラブを使用してください。
※自分にマッチしたクラブの確認は、販売店にご相談ください。

守っていただくべき義務行為スイング時は周囲の安全を必ず確認

スイングする場合は、人、樹木、建造物などに触れないよう、周囲の安全を必ず確認してください。人に当たると死亡やけがの原因になります。また、道路や公園など、人通りのある場所では絶対に使用しないでください。
※長尺仕様のモデルは、特に注意してください。

守っていただくべき義務行為打撃は必ず適切なものを使用

ゴルフボールや打撃練習器具以外のものは打たないでください。また、コンクリートやアスファルト、石など、硬いものの上では打たないでください。けがやクラブ破損の原因になります。

守っていただくべき義務行為落雷は早めに避難

ラウンド中や屋外で使用中、雷が鳴りはじめたら、クラブを体から遠ざけて、なるべく早く安全な場所に避難してください。カーボンシャフトやスチールシャフトは電気を通すため、感電する危険があります。

守っていただくべき義務行為消耗したグリップは早めに交換

表面がツルツルになったり、スリ減ったり、ヒビ割れたグリップは必ず取り替えてください。スイング中にクラブが手から滑り抜けて、人に当たる危険があります。また、異常を感じた場合は、早めに取り替えてください。

してはいけない禁止行為パターでのショットは危険

パターは、グリーン上でのパッティングやグリーン周辺からのアプローチ用に設計されていますので、それ以外では使用しないでください。特に、ショットをするとシャフトが折れて、クラブ破損やけがの原因になります。

守っていただくべき義務行為強い衝撃の後は必ずチェック

インパクト時に、強いダフリ(地面への打撃)をしたときは、ネック部やシャフトに異常がないか必ず点検してください。そのまま使用するとシャフトが折れて、けがの原因になることがあります。また、樹木や建造物、石や金属などで衝撃を受けた場合も、必ず点検してください。

注意

守っていただくべき義務行為クラブを保護しヘッドのキズや割れに注意

ウッドクラブは、ヘッドカバーを使用して、ヘッドにキズがつかないよう注意してください。また、大型ヘッドのドライバーは、素材の肉厚が薄くなっていますので、過度の衝撃で割れることがあります。
※使用されない時は必ず、ヘッドカバーを装着してください。

してはいけない禁止行為シャフトの折れ口は、けがに注意

シャフトが破損した場合は、折れ口には絶対に触れないでください。切りキズや刺しキズを負う危険があります。特に、カーボンシャフトの繊維は、刺さりやすいので注意してください。破損箇所はテープや布などで保護し、シャフトを早めに取り替えてください。

してはいけない禁止行為ネックの打撃は破損の原因

極端なヒールショットやネック打ちは、シャフトやヘッドが破損する原因になることがあります。特に、金属ヘッドのネック打ちは、ネック部の曲がりやシャフト折れの原因となります。

してはいけない禁止行為クラブを大切に

クラブを踏みつけたり、たたきつけたりせず、取り扱いには注意してください。
また、クラブを杖代わりに使用したり、重いものを乗せたり、ぶら下がったりすると、破損やけがの原因になります。

してはいけない禁止行為無理な負荷は破損の原因

シャフトの硬さや調子を調べるために、過度の力で曲げたり、ねじったりしないでください。シャフトが破損する場合があります。

守っていただくべき義務行為シャフトのキズは早めに交換

シャフトを踏みつけたり、衝撃によりキズがついた場合は、早めに交換してください。たとえ小さなキズでも、そのまま使用を続けるとシャフトが折れ、けがの原因になります。

守っていただくべき義務行為キャディバッグからの出し入れには注意

キャディバッグからクラブを出し入れする場合は、クラブに強い力がかからないように注意してください。また、クラブの入ったキャディバッグの転倒には、特に注意が必要です。

守っていただくべき義務行為クラブの搬送はキズに注意

クラブを搬送する場合は、すりキズや打ちキズがつかないよう、キャディバッグを利用するなど、包装に注意してください。

クラブヘッドのお手入れ方法

ゴルフクラブを湿気、サビなどから守るために、使用後は必ず手入れをしてください。

  • (1)クラブのフェース面、ソールなどに付着した砂、泥、芝などをブラッシングにより落とします。
  • (2)乾いた布で細かな汚れや水分を拭き取ります。
  • (3)クラブヘッド専用のクリーナーやスプレーなどをムラなく塗ります。
  • (4)仕上げに乾いたきれいな布で磨いてください。
軟鉄

ヘッド表面には、メッキ加工を施していますが、ソフトな軟鉄素材を活かすために、きわめて薄い膜厚になっています。強酸性やコンパウンド(研磨剤)入りのサビ取り剤やクレンザー、スチールウールなどは使用しないでください。ヘッドの表面をキズつけ、サビの原因になります。

金属(チタン、メタルなど)ヘッドの塗装

金属ヘッドの塗装は、芝の摩擦やボールや砂との衝撃により、塗装が摩耗したり、剥げ落ちることがあります。ヘッド本体にキズがない限り、破損の原因にはなりません。研磨剤を含まないメタルヘッド専用クリーナーを使用してください。

特殊メッキ(イオンプレーティング含む)

やわらかい打球感を重視した表面仕上げを施しており、従来のニッケルクロムメッキに比べ、表面硬度が軟らかく、膜厚も薄くなっています。そのため、すりキズ、当たりキズがつきやすく、また、特有の変色やサビなど、表面変化が起こりやすいため、強酸性や研磨剤の入ったサビ取り剤は絶対に使用しないでください。

カーボン

素材の特性上、過度の加熱により品質が劣化し、破損の原因になることがありますので、ストーブやバーナーなど、熱源の近くには置かないようご注意ください。

チタン、ステンレス、アルミ、銅合金

水分や汚れが付いたまま保管したり、車のトランクなど湿気の多い場所に長時間放置すると、サビや腐食が発生する場合があります。塗装していない部分は、サビ取り剤で軽く磨いてください。

軟鉄削り出しバター

軟鉄本来の軟らかさを活かすため、ヘッド表面にきわめてソフトで薄い膜厚のメッキを施しています。サビ防止のため、使用後は速やかに、水分や汚れを拭き取り、専用オイルを塗り、乾いた布で磨いてください。

シャフト

  • (1)乾いた布で付着したホコリ、泥、汚れを拭き取ります。
  • (2)シャフト専用のクリーナーやスプレーなどをムラなく塗ります。

グリップ

  • (1)乾いた布で付着したホコリ、泥、汚れを拭き取ります。
  • (2)グリップ専用のクリーナーやスプレーなどをムラなく塗ります。

雨の日のプレー後

  • (1)乾いた布で水分をよく拭き取った後、風通しのよい場所で、陰干しをします。
    ※キャディバッグからクラブを出し、ヘッドカバーは外します。
  • (2)完全に乾いてから、手入れしてください。

クラブの保管方法

  • ・高温、多湿の場所は避けてください。
  • ・車のトランクの中や直射日光の当たる場所には、長時間置かないでください。
  • ・火気に近づけないでください。
  • ・子供が取り出してむやみに振り回さないように、保管管理してください。

修理方法

ご自身での修理は、安全上の問題が生じます。修理の際は、必ずお買い上げ販売店にご依頼ください。また、転居・贈答品など、お買上げ販売店にご相談できない場合は、ミズノお客様相談センターにご連絡ください。

改造について

クラブを改造された場合は、メーカーとして責任は取れません。

「ゴルフクラブ新保証システム」について