キャディバッグ(取扱説明書)

キャディバッグのお取り扱いとメンテナンス

使用上のご注意

  • ・本体生地、テープ等の染色堅牢度(色落ち)については十分に注意はしておりますが、水、汗、摩擦などの諸条件により多少の色落ちは避けられません。バッグが濡れたままや濡れ物を収納したまま長時間使用されますと衣服や収納物にバッグの色移りが発生する場合があります。
    (天然皮革、綿布の場合、現在の染色技術では色落ちは避けられません。特にご注意ください。)
  • ・使用素材及び各部材が化学薬品やシンナー、ベンジン等の溶剤に触れますと、化学変化を起こし溶解する恐れがありますのでご使用しないでください。
  • ・キャディバッグは、車のトランク内等で横にしたまま長時間重いものを上に乗せたり、強く押さえたりしますと変形する恐れがありますので、通常は立てて保管ください。
  • ・キャディバッグを、クラブ・アクセサリー等の収納物を入れた状態で立てる時は、転倒する恐れがあり危険ですので、平らな場所を選び保管ください。倒れた時、アイアン等によりフードの切れ及びクラブがキズ付くもとになります。
  • ・キャディバッグの、運搬及び宅配便をご利用になる場合、アイアンクラブによってフードにキズが付く恐れがありますので、アイアンガードカバー等をご使用ください。

お手入れのご注意

  • ・合成皮革(P.U)、合成繊維(ナイロン、ポリエステル)素材の汚れは、水か薄めた中性洗剤をつけた布を絞って軽くお拭き取りください。
  • ・ご使用頻度により、合成繊維等の撥水効果が低下することがあります。その場合は、撥水スプレーをご利用ください。
  • ・天然皮革素材の軽い汚れは、乾いた布でカラ拭きしてください。油性の汚れや強い汚れは、柔らかい布に皮革用クリーナー(無色)を少量含ませ軽く拭くようにして下さい。

保管上のご注意

  • ・白色の合成皮革(P.U)、合成繊維(ナイロン、ポリエステル)を使用しているものは、高温、高湿状態及び直射光線・ライトの下で長時間使用または放置をされますと、黄変することがありますのでご注意ください。
  • ・通常のご使用、保管状況においても長時間のうちに品質、性能が低下する恐れがあります。特に焚き火、ストーブ等の近くや高温となる車のトランク等に放置されますと、品質、性能の低下が促進される場合がありますのでご注意下さい。
  • ・合成皮革(P.U)の表面のウレタン樹脂は、水分により時間と共に生地の表面が劣化してきます。ご使用状況や保管状態により耐用年数が異なりますが、特に高湿度、高温度での保管はおさけください。
  • ・使用しない時は通気性の良い、日陰で保管してください。特にナイロン素材は梅雨時期、雨降りや高温度状態になると水分を吸い、生地が伸びてシワが出る場合があります。温度及び湿度の低い、通気性の良い状態で保管してください。

誤った使用により生じた本体の変形及び表皮素材の破れに関しましては、補償の対象とはなりませんのでご了承ください。

キャディバッグ(品質保証書)

2012年9月以降発売のキャディバッグには品質保証書がついております。

品質保証書